2010年4月10日土曜日

ピアノ教室開講

昨年から通っている音楽教室の、今年度初めての教室がありました。

去年まではソルフェージュのみでしたが、今年からは実技を開始しないといけないらしいです。必須では無いのですが、環境が許してくれないパターンです(汗)。

実技は、ピアノとバイオリンと何か?から選択ができますが、既に奥様のピアノが自宅に鎮座しているので、ピアノの方向でCちゃんを説得しました。

Cちゃんとしては、ソルフェージュの教室のお友達の3/4がしているバイオリンをしたくてしょうがなかったのですが、奥様と連弾ができるということでピアノにしてくれました。

でも、今でも、バイオリンが良かったなぁ-ってぼやいています。


通常は3月末に実技受講試験&面接を経て実技授業が始まりますが、私がグズグズしていたので、開講日の今日に受講試験&面接となりました。生徒さんは優遇してもらえるということで助かりました。

受講試験は、昨年度のソルフェージュの先生と歌を歌って、簡単な質問の受け答えをしておしまいでした。その後で保護者面接&合格発表と説明会でした。

実技の教室の年間の回数が決まっているので、今日から開始する必要があるようでして、ソルフェージュの授業後にすることになりました。先生は、昨年度のソルフェージュの先生がしてくださるということで、なんともスムーズな開始でした。

ピアノ教室は、鍵盤に親しむところからでした。ソルフェージュは授業中は保護者が休憩できますが、実技は宿題があるので、保護者もつきっきりになるので辛いです。

私も一緒に習うと効率的かもしれないけど。

0 件のコメント: