2010年8月7日土曜日

松江フォーゲルパークと出雲大社を観光

母親が、松江フォーゲルパークペンギンの散歩が楽しいから行ってごらんということで、昨日に続いて、弟夫婦に案内をしてもらって行ってきました。

さて、この日、松江は36度と東京の35度を超えての猛暑でした。。。。つらい><

園内は、園内マップを見てもらえばわかるとおり、すべて一方通行で逆戻りが禁止なのです。
しかも、まずは動く歩道の登り版で延々と登って展望台に行き、後は下り坂や階段で下っていきます。このため足の不自由な方やお年寄りの方向けに車が用意してあります。

時間は13:45。私たち一行は、14:00からのペンギンの散歩を目当てに展望台も途中の野鳥もすっ飛ばしてペンギン目指して急ぎ足で移動します。

ちょうど14時を少し過ぎたぐらいでペンギンの近くまで来ると、すごい人だかりができていて、その中央をペンギンが歩いてきました。季節毎にペンギンの衣装は替わるそうで、今回は、浴衣でした。

ペンギンの行進

その後、少し先の広場で写真撮影会がありました。どうもデビュー2ヶ月の女の子ペンギンがいるそうで、カメラや携帯電話のストラップや女の子のスカートのヒラヒラに興味を惹かれてよってきてしまうようです。

さて、松江の七夕は旧暦に合わせて1ヶ月遅れで、ちょうど今日でした。弟夫婦のTくんとCちゃんは願い事を書いていました。

七夕に願いを

その後、水鳥池に行ったら、ちょうどペリカンのえさやりの時間でした。しかし、この猛暑!えさやりをする子供が少ない。というかほとんどいない(w)

Cちゃんも1番目ということで恥ずかしがっていましたが、1度したら、調子に乗って他の子供の後に並んで、2回目もしていました。

ペリカンに餌やり

こんな感じでペリカンさんは待ち構えています。餌の鶏肉が飛んでくると、すっごい大きな口が開きます。

ペリカンに餌やり

この後、紙コップに入った白鳥の餌を買ってやり、Cちゃんが白鳥に餌やりをしていましたが、ボスっぽい白鳥が前に陣取ってしまって、投げる力の弱いCちゃんの餌は、すべてこのボスに食べられていました。そのうち、ボス白鳥は長い首を伸ばして、水面に近寄ったCちゃんの餌入り紙コップにくちばしを突っ込んでいました。結構怖いんですが、Cちゃんも果敢に餌やりをしていました。

猛暑の中の餌やりを終えて、休憩場所でソフトクリームを食べながら休憩しました。

そして、センターハウスに行くと、フクロウの飛行ショーがしていました。もう終わり頃でしたが、CちゃんもTくんもフクロウを手にのせて満足そうでした。

フクロウの飛行ショー

さて、ペンギンを見るために展望台を見れなかったので、展望台に行こうという話になりました。弟夫婦の話では、展望台から途中離脱するルートがあるとか。。。。

しかし、やっぱり無かったので、同じ道を回ります(苦笑)

でも、ペンギンやペリカン、オウムなどをふれあいコーナーで抱きしめたり、膝に載せたりできました

Tくん、Cちゃんも膝に載せました。Cちゃんは奥様のサポートつきですが^^;

ペンギンを抱っこ


フォーゲルパークを出たのが16時ぐらいでしたが、奥様の希望を弟夫婦が聞いてくれて、またも出雲大社に参拝して帰りました。

0 件のコメント: