2010年11月27日土曜日

顔認証ソフトのその後

夜更かし日記 第1.5夜-> 3夜: 顔認証ソフトを探す のその後です。

1週間ほど使ってみましたが、結局使わなくなってアンインストールしました。

理由1
ロック画面にならない(汗)

レジューム時にパスワードを要求する設定にしていますが、なぜかレジュームしてもパスワード画面がでません。モニターのオープン・クローズで、レジューム・サスペンドを設定していますが、それがうまく動いていないのかもしれません。
このためレジューム後に、自分で顔認証を使うためにロックをしてみたり。。。。本末転倒。

後日、電車の乗り降りとか使用途中にモニターを閉じたい場合があるけど、サスペンドしたくない状態が続いたので、オープン/クローズでの設定を解除して、電源ボタンのOn/Offに使い方を変更しました。

理由2
PCと顔の距離が思ったより必要。
実はこれが一番の理由なのですが、PCと顔の距離が近いので、顔認証に必要な顔全体を撮すにはPCを顔から話す必要があるのです。デスクトップなら良いのですが、私は電車の中での利用をメインとして購入したで、電車の中では、あまりに顔から話すとPCを前に差し出すような形で、とっても奇妙なのです。

自動的に顔パーツを結合して認識してくれればいいのになぁ。

理由3
起動が遅い。
LOOX UのCPUが遅いのもあると思うのですが、OSがレジュームしてから、ロックの画面の準備をして、次にUSBカメラの準備をしてとなると、認証まで時間がかかりました。


以上の理由でやめました。
それにしても、LOOX Uの動きが全体的に遅いのですが、これがATOMの力なのでしょうか?少しがっかりでした。

0 件のコメント: