2011年3月29日火曜日

今のCちゃん~疎開中

実は東北関東大震災後、3/15(火)からCちゃんを関西のお義母さんのところに預けています。

震災直後の3/11(金)は、奥様がすぐに動けるということで、Cちゃんの保育園のお迎えをお願いしました。私と奥様の職場は自宅から小田急で1時間のところです。小田急が震災の直後に止まってしまい、奥様はタクシーで自分のバイクを格納しているガレージに移動して、バイクで自宅に行って迎えに行く予定でした。

しかし、誰もがバス、タクシーでの移動を考えたのでタクシーはつかまりません。2時間半ほど歩いてガレージに行き、2時間ほどかけて信号機のとまった道をバイクで走っていて迎えに行ってくれました。確か、16:30頃に出発しましたが、保育園についたのは、21時頃。。。保育園はもちろん19時までですので、Cちゃんは園長先生の自宅で面倒を見て貰っていました。

計画停電で保育園も停電されて大変だったというのと、余震がつづいていて、また大きな地震で交通機関が止まった場合に、Cちゃんをすぐに迎えに行けません。あと福島の原発が怖かったということもあります。ガソリン不足の中、大阪まで走りきって連れて行きました。

それから、今日まで1週間単位で延長しています。電話をすると、「いつ迎えにくるの?何回寝たらあえるの? パパ、ママに会いたいよ―;;」と泣いています。

お義母さんがいうには、普段は我慢して気丈に振る舞っているのですが、私が電話した時は、アルツハイマーのお父さんが家族を忘れていくというNHKのドラマを見て、ハラハラと泣き出してしまった直後だったそうです。


水も、たべものも危ない気がしてきていて、大阪か私の実家の保育園に入れた方がって気がしています。離れるのは子供の成長にどうかと思いますが、我が子の何十年も生きれるという時間という可能性を奪うのは、もっと辛い気がしています。どうしたもんかなぁ。

こんな状況でも日本の会社は出勤させているという状況に不満だったりします。海外からの就職者は、母国の勧告もあり帰国しているのに。。。。困ったなぁ。

0 件のコメント: