2011年4月25日月曜日

ICカードや証明書関係から離れられないみたい(とりとめなし)

仕事の関係でWindowsからICカードにアクセスを行うソフトを作成していました。
私自身、浅学だったので勘違いをしていました。証明書=ICカードって。

さて、日記に書こうとして、自分がまだ、きちんと理解していないので、筆が進まないことがわかったので、あとでまとめ直してアップしよう。

とりあえず、書いておくと、
ICカードから公開証明書を読み出すことができます。クライアントSSLの利用のために、Windowsの証明書ストアに登録します。だからICカード=証明書という錯覚をします。
ただ、ソフトウェアで扱う場合は、証明書はICカードから読み出された証明書なので、ICカードの実態ではないのです。このあたりを意識していないと、思わぬ落とし穴にはまります。というか、私ははまって、少し恥ずかしかったです。

0 件のコメント: