2010年7月7日水曜日

最近のCちゃん

自転車を補助輪付きで乗っているのですが、さすがに5歳になるので、補助輪卒業を目指そうかと親が勝手に思っています。

共働きで、近所付きあいが悪い親なので、Cちゃんは土日はパパ、ママとしか遊べません。自分が子供の時は、近所の子と一緒に遊んでたんだけどなぁ。。。

そういう理由で、週末は、私のダイエットを兼ねた散歩に自転車で同行させています。まずは自転車になれることが必要なので、1時間ほど自転車に乗せています。
私の歩くスピードもCちゃんの自転車の速度と同じぐらいなのでちょうどいいです。

今までは駐車場の中という平らな場所でしか乗っていなかったで、ブレーキが怪しいです。一緒に一般道を気を付けながら歩くと、起伏の関係で立ちこぎをしたり、ブレーキを掛けたりといい練習になります。

しかし、公園の入り口の急坂に差し掛かって、自分で突入していきました。少し怪しい感じがありますが、子を谷に落とすつもりで見守っていました。

案の定、ブレーキがかけられずにクラッシュ。

膝を擦りむいて、血がにじんだぐらいでしたので、軽傷でいい勉強ができたと思います。

それからは、下り坂が怖くて、ブレーキを握りながら、ゆっくりというか止まるぐらいのスピードで降りるようになりました。

徐々に恐怖心を取って行って補助輪がとれたらなぁって思います。

0 件のコメント: